打ち込み音楽と生演奏

こんにちは、岩崎将史です。

 

毎日スタジオに篭って、音楽づくりを「なりわい」とさせて頂いております。

おかげさまで、音楽制作&スタジオ「フルハウス」を立ち上げて17年。まだ、少し楽曲受注のオーダーが残ってますので、それを消化しきるまでは頑張ります(笑)

音楽の2つの作り方

オリジナル楽曲の制作依頼には、ざっくりと2つの種類があるかな〜と思っています。

  1. MIDIとか、打ち込みと呼ばれる電子音による自動演奏機能を使った曲作り
  2. 楽譜を作成して、生演奏を録音して仕上げる。

1は、ゲームとかスマホアプリとかでは多いですかね。あと、ローカルCMとか。

そして自主制作とかインディーズで活動しているアーティストや小規模プロダクションからプロデュースなどを頼まれると、「できるだけ安く」という感じで「全部打ち込みでお願いします」なんて、言われたりします。

打ち込み音楽制作のメリット、デメリット

ただし、打ち込みって「本物に負けないように」しっかりデータ作ろうとすると、驚くほど時間と手間がかかるんですよね。「全然、負けてて良い」ならそれはそれで、まあそれでも「誰にも負けない打ち込みクォリティー」にはします。

が、その時間と労力=コストかけるなら、「僕の取り分減らして構いませんので、いくつかの楽器は生の録音に差し替えましょうよ〜」という話をさせて頂いております。全部の楽器を生演奏にしなくても良いです。核となる主要な楽器のいくつかを「生演奏に変える」だけで、サウンドは大きくレベルアップします。

生演奏の力やオーラ

僕は、もともと自宅を防音室にして10代の頃よりアレンジやサウンドプロデュースなどの仕事を受けて、レコーディングやCD作りなどを行なってきましたが、自宅だとどうしても打ち込み中心になりがち。それが嫌で、27の時に思い切って大借金を抱えて、今のスタジオを、という経緯がありました。

「僕の取り分減らしても構いませんので、その分で “いくつか” の楽器は生の録音に差し替えましょうよ〜」

そう言い続けて17年。

少しづつですが、名古屋にも同じような価値観を共有できるクライアントが増えててきている気がしています。とても嬉しいです。

 

僕が自分で曲を作り始めるきっかけになったのは、小学校の時でPCとの出会いがきっかけでした。ですので、コンピュータを使用した音楽づくりは誰にも負けませんし、それはそれで大好きです。実際に、ここ数年だけでもEDMのような、いわゆるエレクトロな楽曲の受注が多く、200曲以上は納品させていただきました。

 

ただ、いわゆるポップスだったり、アーティストの作品となると話は別です。

「予算がないから」という打ち込みのピアノやギター、バイオリンやホーンで作られたCDを僕自身が「お金を出して聴きたい」とは全く思わないからです。

 

良いものを作らなければ、聴いてくれる人も買ってくれる人もいない。

そう信じて、作曲、編曲、録音を毎日行なっています。

 

上の写真は、本日作業した作業画面です。
とあるポップスの編曲の依頼を頂きました。

打ち込みで作成した曲に、来週ホーンセクションとストリングセクションの生演奏を被せる予定です。
サウンドや音楽の「感動」が物凄く変わります。

 

そして、少しでも多くの人の「本物の音楽や演奏」に触れていただけたら嬉しいです。そんな作品作りをしてみたいというアーティストや、いまいち楽曲にパンチがないと感じていらっしゃるプロダクションの皆さんにも。

 

*************************
名古屋の音楽制作・スタジオ|フルハウス
名古屋市瑞穂区新開町5-2中村ビル1F
TEL 052-884-7051
HTTP://WWW.FULLHOUSE-MUSIC.CO.JP
*************************

バンドレコーディング 1日ダラダラ配信

こんにちは、岩崎将史です。

一昨日の日曜日は、予告なしに実験で1日、スタジオレコーディングのYouTubeライブ配信をしてみました。僕のバンドとか曲ではなく、レコーディングの相談を受けたクライアントである社会人アマチュアバンド「トライオン」のスタジオレコーディングセッションです。

このバンドはリーダーでボーカルの久世良輔さんを中心して岐阜で活動しているバンドです。15年ほど前に、とある仕事でご一緒したことがありまして、それ以来の再会でした。

超久しぶりにフェイスブックのメッセンジャーにて「バンドのレコーディングをしたくて〜」とメッセージ頂きまして、以前からテストして見たいと思っていたYouTubeのライブ配信を「やらせてください」とお願いした格好です。

プロのアーティストやバンドならそんなことは絶対にお願いできません。

このチャンスを逃してはならんぞ〜、と。

「なぜ、レコーディングの配信を??」

名古屋を中心として活動するアマチュアやインディーズ系のバンド、アーティストの皆さんに、こういう言い方はおこがましいですが、「今の時代にあったレコーディングのスタイル」をもっと知ってほしい、という気持ちが以前からありました。

今は、10年前までと違ってCDは売れない。アーティストが作品を作っても、作品でお金を作ることができなくなってきているので、どうしてもレコーディングに予算が掛けられない。「極端に安いスタジオ」か「自分たちで頑張ってレコーディングを」と言うのが多くなってきていると感じます。

そうするとメジャー(が全部音が良い、と言うわけではありませんが、、)CDと比べるとどうしてもパンチがなかったり、サウンドが負けているように聴こえる。他のジャンルなら、そういうのもありなんですけど、特にロック系のバンドはレコーディングで作り上げる「サウンド」が楽曲の良し悪しの判断につながる部分が多いのです。

でも、いろいろバンドに話を聞くと、安いスタジオを使ったにも関わらず、僕が「え?そんなに費用かかったの?フルハウスでそこまでお金かけるバンドはまずないよ?」と感じることが多いのです。詳しく話を聞くと、やっぱり時間が凄い掛かっている。フルハウスの半分の料金のスタジオでも、倍の時間を掛けたらレコーディング費用は一緒。

フルハウスでのバンドレコーディング

フルハウスは、バンドレコーディングがスムーズに行えるように、ブースと言って部屋が3つあります。それぞれの楽器を別々の部屋に置くことによって、「同時に演奏しながらも、マイクはそれぞれの楽器の音のみをクリアに記録できます。各マイクの音を記録していく作業をトラッキングと言います。

今回は、アマチュア社会人のバンドを8時間で6曲、完全にレコーディングを終える事を目指しました。音楽やらない人には、6曲で8時間って長い、って思うと思いますが、意外に何回かやり直したり、オーバーダビング、といって他の楽器を上からかぶせ直したりしていると、時間が掛かってしまうものです。

最初の4時間で6曲分のベーシックといって、ドラム、ベース、ギター、仮歌と言われる物を同時に演奏して録音しました。仮歌は「上手く歌えたら採用する」けど大抵は「あとで録り直す」という事が多いです。

今回はボーカルの久世さんがとても上手で、ほぼテイク1か2のテイクが採用されて、「笑っちゃって歌えなかったところ」とかの一部を数カ所取り直したくらいです。

後半の4時間で、ギターソロを被せたり、そういった歌の一部取り直しやバックボーカルを被せて、ほぼ予定どうりに終了〜!、となりました。

1日6曲録るために

ただし、

もちろん効率良くレコーディングを進めるために、事前に準備すべきことがあります。リハーサルやプリプロと言われる作業を重ね、事前にどんな楽曲かなどを打ち合わせしてきました。

レコーディングにどれくらい時間を掛けるかは、バンドによりけりだとは思いますが、「まずは売れるクォリティ」「宣伝になるクォリティ」の物を作らなければ、ファンは増えていかないと思っています。予算があるなら、時間をたっぷりかければ良いけど、ないならないなりに「準備の仕方」「レコーディングの仕方」があると思っています。

フルハウスでは山田貴希力という若いエンジニアがいます。
今回の録音も彼に95%任せました。どんなバンドでも良い音にしてくれますよ(笑)作業もめちゃくちゃ早いですよ。

録音もなんでもウェルカムですが、もしYouTubeライブ配信の犠牲になっても良い、と言うバンドいましたら、ぜひやらせてください!そういうアーティストには、いろいろサービスしちゃおうかな(笑)

*************************
名古屋の音楽制作・スタジオ|フルハウス
名古屋市瑞穂区新開町5-2中村ビル1F
TEL 052-884-7051
HTTP://WWW.FULLHOUSE-MUSIC.CO.JP
*************************

村田中(むらたなか) 「Selfish」

こんにちは、岩崎将史です。

 

今年の春先に、東京を中心に活躍している実力派美人JAZZトランペッター村田千紘さんと同じくピアニスト田中菜緒子さんのDUO「村田中」のCDアルバム「Selfish」レコーディング、ミックス、マスタリングを担当させていただきました。

 

お二人に名古屋までわざわざお越し頂き、市内ととある撮影スタジオに録音機器を持ち込んでのレコーディングでした。

コンセプトは「同じ部屋での完全一発録音」

通常、スタジオレコーディングでは後で修正ができるように、それぞれの楽器を別の部屋で録音するというのが、今では一般的になっています。

今回は、あえて同じ部屋で録音し、二人の演奏の一体感を記録しようというのがコンセプト。場所はレコーディングスタジオではなく映像も同時に収録するために、撮影スタジオでのレコーディングとなりました。

そこで、少しでも良い音にするために工夫したのが、これ、

「ジャ〜〜〜ン!!」

ピアノの音を少しでも良くするための、「吸音&拡散ボード」です。

僕が設計をして大工さんに作っていただきました。

 

不要な低域の残響をカットして、ピアノの中高域を美しく聞かせる。レコーディングスタジオに負けないGoodなピアノが録れるように工夫しました。

もし、「自宅や練習室に欲しい!」という方、いらっしゃいましたらメッセージください(笑)

 

そして、そのCD「Selfish」ですが、

こんな感じで、全国でCDリリースのLIVEツアーを行うそうです。

村田さん

村田千紘

田中さん

http://tanakanaoko.com

ぜひ、チェックしてみてください。

 

 

*************************
名古屋の音楽制作・スタジオ|フルハウス
名古屋市瑞穂区新開町5-2中村ビル1F
TEL 052-884-7051
HTTP://WWW.FULLHOUSE-MUSIC.CO.JP
*************************

佐藤実絵子さん LIVE !!

こんにちは、岩崎将史です。

2017年6月10日(土)
佐藤実絵子さんのライブに参加しました。

佐藤さんは、SKE48の初期メンバーで、2年前に卒業。
SKE48に入る前からオリジナル曲を中心にシンガーソングライターとして活動されていましたので、歌唱力は抜群。
彼女との出会いは、そのシンガーソングライター時代に某公共放送のTV番組で、だったりしました。僕は別アーティストのピアノ&バンマスだったんですね。

その後、SKE48が立ち上がり、初期の頃は、僕がレコーディングをしていたのですが、そこでひょっこり彼女が現れまして、、という。
バリバリ歌えるので、いつもMIXではディレクターが「とにかく佐藤さんを大きめにしておいてください」という指示がいつも出ていました。

そんな彼女が卒業してソロ活動を開始。
CDの録音やマスタリングなどで何度かスタジオフルハウスへ足を運んで頂いてました。

そして、ついに、

「バンドでのライブをしたい!!」

ということで、
これは最高のメンバーを集めなければ。
信頼するプレイヤーの声をかけさせて頂き、奇跡的に僕含めて5人のメンバーが集まりました。

曲は全部で16曲。
新曲もありライブに合わせて編曲もしました。
怒涛の準備期間でした。

会場は5月末にオープンしたばかりの栄「ReNY Limited 名古屋」
スタンディングでキャパ700人という、なかなかの広さのライブハウス。

当日は超満員。
しかもお客さんが熱い、ノリが良い。
素晴らしい。

新曲はタオル回しちゃいましたよ

最後は記念撮影、パチリ。

メンバーは
サックス 瀬利優彰
ギター 林剛史
ベース 梶祥太郎
ドラム 黒田和良

そしてピアノ&キーボードで私、
岩崎将史

ヴォーカルは
佐藤美絵子さん

でした〜。

※追伸

佐藤さん、本人もTwitterでたくさん書いてくれています。

よかったらみてください。↓

http://ameblo.jp/mieko-sato/entry-12283031600.html

*************************
名古屋の音楽制作・スタジオ|フルハウス
名古屋市瑞穂区新開町5-2中村ビル1F
TEL 052-884-7051
HTTP://WWW.FULLHOUSE-MUSIC.CO.JP
*************************

邦楽器演奏「双葉 」の動画

こんにちは、岩崎将史です。
気がついたら2017年。しかも、もう5月!!
前回の記事から、なんと9ヶ月。

いかんですね、、、、

たくさん曲の依頼もあり、めっちゃ忙しくさせていただいてます。
もうちょっと気楽に短く書いていかないと、、、

邦楽器演奏「双葉」

さて、今日は大学後輩、中安一秀さんの作品紹介。僕の母校「名古屋音楽大学」のコンピューターミュージックコースを何年か前に卒業した学生です。僕が非常勤で行っている時にはまだ学生でしたので、元学生という言い方もできるかもしれませんが、作曲の後輩という認識の方が僕には強いです。

僕の在学中には「コンピューターミュージックコース」なるものはなかったので、制作には学科が違うなのですが、まあ派生でできたようなものですので。

で、彼が「双葉」という邦楽器のグループに曲を提供していて、その作品の音源化の相談に来ました。
邦楽器というのは和楽器のことですね。双葉には琴と尺八の名手がおります。

レコーディングや、CDやハイレゾ配信などを僕がやらせてもらったのですが「せっかくの良い作品だしYouTubeで観てもらったら〜」と提案して、動画の撮影録音となります。

2時間ほどで数曲を録音撮影しまして、その内の1曲がこちらです。

演奏者が一流なので、録音撮影はあっという間に終了。
この曲だけで言えば、take2のみで録音&撮影は15分くらいでしたでしょうか。

そして、昨日15分くらいでMIXといってさっとバランスとリバーブ(音の残響)調整をしまして、トータル30分の作業で、うちの映像スタッフに音声ファイル渡して僕の仕事は終了。

録音スタジオだと簡単にサクッと良い音で仕上がってしまいます。
そのままCDやハイレゾ配信にも使えます。

フルハウスは、僕とスタッフで、マイク立てればそのままCDのような音で録れるように、部屋の音響調整を日々しています。
先日も、色々プチ改装工事をDIYで行っていました。

その辺もまた書きたいと思います。

あ、6月は某タレントさんのワンマンライブのサポート演奏なども決まってます。

また、書きます。

*************************
名古屋の音楽制作・スタジオ|フルハウス
名古屋市瑞穂区新開町5-2中村ビル1F
TEL 052-884-7051
HTTP://WWW.FULLHOUSE-MUSIC.CO.JP
*************************

Lady Note from OS☆U 「恋して乙女」

こんにちは、岩崎将史です。

 

この夏のお盆一週間は、僕が先日、制作に追われていたアイドルユニット、Lady Note from OS☆Uのインストア・ライブ・イベントが6日間、ツアーの様な形で連日行われてました。

「OS☆U」というアイドルグループは名前は知っておりまして、昨年まで作編曲やDTMの指導にちょこっと行っていた某専門学校にポスターがいつも掲示されていました。今回そのグループの派生ユニットで、少しJazzテイストを押し出したアイドルグループを作ろうという事らしく、編曲、演奏、ミックス等のオファーを頂きました。

 

今回のアルバム「愛してジャジー」のリード曲含む、3曲の編曲、2曲ピアノ演奏、5曲のミックスをさせて頂きました。

 

そのインストアライブの動画を見つけたのでご紹介させて頂きます。おそらくスマホかなにかで撮影した物だと思いますので音が良くないですが、楽曲と彼女達の魅力は伝わるかと思います。

 

名古屋を代表するジャズミュージシャン達が集まり通常のアイドルソングとは一線を画す制作となりました。ドラム黒田和良さんとベース日影修さんの強烈なグルーブ、ピアノはもちろん僕で、間奏ソロはサックス山崎真さんにブリバリに弾いて頂きました。そしてエンディングではギター砂掛康浩の情感溢れる絶品ソロ。ホーンセクションはトランペット渡辺勉さん、トロンボーン西山望さんです。

そして今作のCD、オリコン週間アルバムランキングで7位を獲得することができました。ありがたい事に、岩崎将史、今年2作目のオリコンチャート作品です。

オリコン週間ランキング

 


今月は、もう一つ僕が携わらせて頂いたアイドルのCDがリリースされます。
また、良き所でご紹介できればと思います。

それでは、また。

 

*************************
名古屋の音楽制作・スタジオ|フルハウス
名古屋市瑞穂区新開町5-2中村ビル1F
TEL 052-884-7051
HTTP://WWW.FULLHOUSE-MUSIC.CO.JP
*************************

秋山祐吏美トリオ|イパネマの娘

こんにちは、岩崎将史です。

 

いや〜、くやしいですね。今日は午前の移動中にブラジル、リオ・オリンピックのサッカー日本vsナイジェアリアをスマホで見ておいました。

今回のオリンピックはNHKが全てTVだけじゃなく、ネットで見られるようにするそうですね。家に居る時間があまり無い生活なので、TVでしか見れないということで、実はここ数回のオリンピックは全くと言っていい程、見てきませんでした。

今回はNHKのおかげでサッカーは全部見れそうです。サッカー以外は多分見れないですけど。

 

にしても、日本U-23ですか、正直、ナイジェアリア相手に僅差の勝負が出来るとはあんまり思ってませんでした。先日の対ブラジル戦のディフェンスが散々でしたので、、、。相変わらずディフェンスは、、、でしたが、4点取れたのはメンタル的には大きいですね。ただ、ナイジェリアがああいう状況でしたので、、、。スウェーデンやコロンビアから取れるかと言うと、、、、、頑張って欲しいですが。

 

さて、ブラジルといえばラテン。ちょうど来週の13日(土)、愛知県知多半島にありますチッタナポリという所で、ブラジル・ラテン系の演奏の問合せをいただきました。3名でとのオーダーでしたので、盟友モッチーと相談して、秋山祐吏美さん、興津博規さんとの3名でやろうとこのことになりました。ちょうど先日、そのリハーサルを僕のスタジオ、フルハウスにて行い、動画を録りました。

何曲か撮影しましたが、まずは定番「イパネマの娘」をYouTubeにアップしましたので、是非ご覧ください。

フルハウスではこんな感じで、リハーサル感覚で超高音質で録音できます。今回の動画は3人同時に演奏して一切編集無しで仕上げています。アイソレーション・ブースという演奏する部屋が幾つか分かれていますので、レコーディングといっても普段の練習やライブの用に演奏して頂ければ、そのままスタジオ・レコーディングのクォリティーになるというわけです。

今回、ちょっと録音的に遊んでみたのは、とある狙いがあって歌のマイクを2つにしてみました。なんでかっていうのは、長くなるのでまた次の動画の時にでも書いてみたいなと思います。

 

それでは、また。

 

 

*************************
名古屋の音楽制作・スタジオ|フルハウス
名古屋市瑞穂区新開町5-2中村ビル1F
TEL 052-884-7051
HTTP://WWW.FULLHOUSE-MUSIC.CO.JP
*************************

ヒステリックパニック – シンデレラ・シンドローム

こんにちは、岩崎将史です。

 

本日は、僕はマスタリングをさせて頂いた作品動画の紹介です。

以前も紹介させていただきました、「ヒステリックパニック」というバンドです。

この4月に新譜のシングルをリリースしまして、前回作品に引き続きマスタリングをさせて頂きました。マスタリングというのは「録音作品」を最終的にCDとかにするために音質、音量などサウンドを調整して仕上げるをする作業を言います。

 

普段マスタリングは週に何タイトルかご依頼頂いています。が、このバンドが所属するレコード会社「ビクターエンタテインメント」からマスタリングオーダーを頂く事は、ひときわ感慨があります。

 

なぜなら90年代、CD販売が絶好調な時代に、スーパーK2というマスタリングシステムを開発し、サウンドクォリティにおいては世界トップの技術を誇っている会社だからです。僕も20代の頃は、何度となく東京や横浜のビクターのマスタリング・スタジオに通いました。まだフルハウスでは同じ様なクォリティのマスタリング設備を導入出来ておらず、国内でマスタリングする案件に関しては常にクライアントに勧めて帯同していました。

 

フルハウスで「本格的にマスタリング」をやろうと思い、スーパーK2だけでなく海外のマスタリング・スタジオも仔細に研究しながら、少しずつフルハウスのマスタリング・システムを充実させていきました。

結果、国内外トップのスタジオと同じような、超高〜い機材構成になってしまいましたが、、、。何しろ2chのDAコンバータだけで100万超え。プロツールズなんて16chで高々50〜60万くらいですから、、

さらに以前もご紹介したオリジナルのマシンも開発し、組み合わせながら僕ならではサウンドを作り出せるようにもしていきました。

 

さて、「ヒステリックパニック」の話に戻しますと、ビクターからデビューした後は、ビクターやNYのマスタリングスタジオで最終仕上げを行っていました。それらの経験を踏まえて、前作に続いてご依頼を頂けるというのはとても光栄です。

プロモ用のショートバージョンのYouTube動画がありますので、是非ご覧ください。

それでは、また。

 

*************************
名古屋のマスタリング|フルハウス
名古屋市瑞穂区新開町5-2中村ビル1F
TEL 052-884-7051
*************************

西みほ&北川美晃 レコーディング

こんにちわ、岩崎将史です。

 

先日は、ヴォーカル西みほさんと北川美晃さんとのDUOによるレコーディングでした。とあるクライアントからの依頼で、2曲をCD化したいとのことでした。とある企画の作品で、残念ながら一般発売はされませんが、、、。

 

その様子を少しご紹介したいと思います。 “西みほ&北川美晃 レコーディング” の続きを読む

豊田JAZZスクゥエア2016 リハーサル&レコーディング

こんにちは、岩崎将史です。

 

一昨日は豊田ジャズスクウェア2016というライブイベントのリハーサル&録音でした。

このイベント、僕が関わるのは3年目になります。音楽や演奏としてではなく、メインステージの舞台監督として仕事をさせて頂いています。

年に何回か舞台監督をやらせて頂きます。大抵、出演バンドの多い、大きなイヴェント形式のコンサートが多いです。楽器や音楽、舞台・音響、製作の事が一通り分かるということで、「ああ、そうか。自分の長年の製作やプロデュース、ディレクションスキルがこういう所でも役にたつんだ」という次第です。

 

今回の豊田ジャズスクェア2016は、 “豊田JAZZスクゥエア2016 リハーサル&レコーディング” の続きを読む