studio2

和太鼓 & 邦楽器「打歓人」 レコーディング セッション

こんにちは、岩崎将史です。

 

一昨日、昨日と久しぶりにレコーディング依頼で缶詰でした。

和太鼓邦楽器チーム「打歓人」のCDアルバムのためのレコーディングセッションで、録音からミックスダウンまでを全6曲を2日で仕上げるという、楽しい依頼でした。

2年程前に某映像関係の音屋さんからの依頼で映像用に彼らのリハーサルを録音・ミックスなどさせて頂いたのですが、それ を評価頂きまして、今回チームのアルバム制作のご依頼を頂きました。

 

総勢8人のメンバーをスタジオで同時録音。

和太鼓4人の尺八、篠笛、三味線、鳴り物という編成の全員同時録音は、フルハウスのスタジオでは少々狭いので、協力会社のスタジオをお借りしました。

エクシングという会社のサウンド開発用のスタジオです。じゃ〜ん。

studio2

こんな感じで、フルハウスよりちょい広めのスタジオです。以前、僕が入っていたヤマハのWINGスタジオとフルハウスの丁度間くらいですね。太鼓何名かのセットを一度に並べて録音できます。

 

フルハウスからは徒歩で行けます。めっちゃ近いです(笑)

 

このスタジオにフルハウスから機材を持ち込んでセッティングしました。

cr

 

僕は録音の相談を頂いた際には、内容と費用に合わせてベストなレコーディングプランをご提案させて頂きます。時には他社のスタジオだったり、コンサートホールだったり、個人の練習室だったり、色々あります。

エクシングとは普段から濃い付き合いがありまして、必要に応じてスタジオを使わせて頂いております。再来週もここで、ビックバンドのレコーディングを予定しています。
C.U.Gオーケストラという日本を代表するビックバンドのCDレコーディングで、とても人数の多いバンドですので、このスタジオを提案させて頂きました。あ、そう言えば話が少しだけずれますが、今週末にCUGの名古屋でのコンサートがあるそうです。学生は¥2,000という激安価格で見られるらしいので、よかったらチェックしてみてください。➡http://www.cugjazz.com/index111.html

 

さて、話は戻りまして、

 

今回は1日目に、全員で同時演奏で全曲を収録、2日目にフルハウスで追加のダビング、編集、ミックスという流れを組ませて頂きました。

 

今日は1日目の様子をご案内。

kumi_daiko

組太鼓、大平、長、

katsugi_daiko

担ぎ桶太鼓。奥は三味線。別の部屋になっていて太鼓の音と三味線のマイクの音を切り離します。

syakuhachi

尺八、篠笛は、もう一つの部屋で演奏します。これもそれぞれのマイクの音に太鼓の音が入らないようにするため。

play

こんな感じで楽器とマイクをセットをしたら、後はひたすら演奏していきます。

1曲につき数テイク録音して、OKテイクを作成。全6曲を録り終えた所で、1日目は終了。2日目のトラックダウンへど続きます。

 

2日目の様子は、次のブログにてご案内したいと思います。

 

それでは、また!

 

*********************
名古屋の録音スタジオ|フルハウス
名古屋市瑞穂区新開町5-2中村ビル1F
TEL052-884-7051
http://www.fullhouse-music.co.jp
**********************

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です