ヴァイオリン & ピアノDUO レコーディング

こんにちは、岩崎将史です。

 

先週になりますが、3月18日はとある企業様のテーマ曲のレコーディングでした。

元曲はCMなどで使えるようにポップスアレンジの歌物ですが、

 

「BGM用に上品にバイオリンとピアノでレコーディングしたい」

 

との事でした。

 

今回の仕事、凄く嬉しかったのは、仕事を振って頂いたピアニストが大学時代の同級生だった事です。

じゃ〜ん、松永有希子さん。

IMG_3374

 

ピアニストとして色々なところで演奏されています。

そしてバイオリンは安田祥子さん。

IMG_3367

安田さんとは初対面です。松永さんと色々演奏活動をなさっているようです。

 

「安田祥子 & 由紀さおり」DUOは昔、TV番組等で編曲させて頂いてお仕事させて頂いておりますが、同性同名の別の方です(笑)。

 

安田さんは、

「ヘッドフォンを付けてのスタジオレコーディングは初めて」

 

と仰っていました。

 

ですのでこの日は、少しスタジオの空気やヘッドフォンに慣れて頂いた方が良いだろうと、本番テイクの前にリハーサルをして頂きました。

リハーサルテイクもプロツールズというレコーダーを回していましたが、演奏は素晴らしく何の問題もなし。

 

「このリハーサルテイクでも全然OKですよ〜」

 

という感じでした。

 

一度、録音した物をお聴き頂き、使っているマイクや調整でできる事、できない事などを説明させて頂き、さあ本番。

リハーサル含めて、1時間程で4テイクほど録音しました。

 

こんな感じで、ピアノとバイオリンを別の部屋で同時に演奏して録音するスタイルです。

IMG_3370

ヴァイオリニストから見たレコーディング風景

IMG_3360

ピアニストからみたレコーディング風景

防音のガラスドアになっていますので、アイコンタクトをして頂きながら、でも音はセパレートして録音します。

 

その後、ちょっと気になる所だけをパンチインで部分録音。

バッチリ素晴らしい演奏のトラッキングとなりました。

 

その後、ミックスダウンとなりますが、ピアノとヴァイオリンのDUOですので、録音しながら調整はほとんど済んでいます。

さっとマスタリングEQを加えてマスターレコーダーへ録音、CD-Rにプリントして完成の運びとなりました。

 

録音1.5時間。ミックス&マスタリングで30分弱、2時間程のレコーディングセッションとなりました。

192Khz32Bitという超ハイレゾリューションで録音してますので、サウンドクォリティーもバッチリ。

とても良い作品が完成しました。

 

次はピアノトリオとかで来て欲しいな〜、松永さん。

 

では、また。