村田中(むらたなか) 初CDアルバム「Selfie」

スタジオ・レコーディング
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、岩崎将史です。

名古屋を中心に作編曲、レコーディングなどの音楽製作の仕事をしています。
会社を経営しながら音楽大学でも少し教えています。

今年の春先に、東京を中心に活躍している実力派美人JAZZトランペッター村田千紘さんと同じくピアニスト田中菜緒子さんのDUO「村田中」の初となるCDアルバム「Selfie」レコーディング、ミックス、マスタリングを担当させていただきました。

スポンサーリンク

名古屋の撮影スタジオでのレコーディング

スタジオでモデルをスチール撮影

お二人に名古屋までわざわざお越し頂き、市内ととある撮影スタジオに録音機器を持ち込んでのレコーディングでした。
ここのスタジオのオーナーさんが、

撮影スタジオオーナー
撮影スタジオオーナー

とてもよ良いデュオなので、是非ともCDを作ってあげたい

ライブ録音と同じ手法でレコーディング

コンセプトは「同じ部屋での完全一発録音
ライブの臨場感をそのままにレコーディングしてCD化しようという物です。

通常、スタジオレコーディングでは、レコーディングしたテイクを加工や修正ができるように、それぞれの楽器を別の部屋で録音するというのが一般的です。

ですが、あえて同じ部屋で録音し、二人の演奏の一体感を記録しようというコンセプトでのオーダー。

音響的に不利な映像撮影スタジオでのレコーディング

場所はレコーディングスタジオではなく撮影スタジオ。
撮影スタジオはレコーディングスタジオほど、設計上でのサウンド面での考慮がされていません。

そこで、少しでも良い音にするために考えました。

岩崎
岩崎

木製の吸音拡散板を作ろう

オリジナルの吸音拡散板を作成

吸音拡散板僕が設計しましたが、もちろん作ったのは大工さんです。

こちらがその写真。

岩崎将史が設計したオリジナル吸音拡散板
岩崎将史設計のオリジナル吸音拡散板

ピアノの音を良くする、「吸音拡散ボード」です。

不要な低域の残響をカットして、ピアノの中高域を美しく輝かせる
レコーディングスタジオに負けないGoodなピアノが近づきます。

僕はこうしたスタジオや店舗、個人宅の楽器室やスタジオなどの音響調整も手がけています。

CD「Selfie」全国リリース&ライブツアー

ライブを感染する女性

そして、そのCD「Selfie」ですが、

こんな感じで、全国でCDリリースのLIVEツアーを行うそうです。

お二人のサイトをリンクしておきますので、是非ご覧ください。

田中菜緒子さん

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました