マイクとプリアンプとコンプレッサーの組み合わせ比較。ベストなボーカル録音の組み合わせは?

録音

こんにちは、岩崎将史です。

スポンサーリンク

武道館でのライブ経験もあるロックボーカリスト

ミュージシャンの近藤葵さんが色々、実験&遊びにスタジオ「フルハウス」に来てくれました。
今は主だった活動はされていませんが、自身のバンドで武道館ライブの経験がある凄腕ミュージシャンです。

今は、東京から名古屋に居を移されてます。
僕と近藤さんが出会ったのは、半年前の夏。

超おしゃれな自宅プライベートスタジオの設計協力をオーダー頂きました

新築の自宅ガレージをプライベートスタジオにしたい、ということで僕のブログやフルハウスWEBサイトをみて、電話をいただきました。

そのプライベートスタジオの建築音響やシステムの設計協力をさせて頂きまして、

先月完成しました。

じゃ〜ん!

とってもオシャレなスタジオです。
このスタジオについては、またの次回にでも書きます。

今回、近藤葵さんが、スタジオ「フルハウス」に遊びにきてくれました。

「今後のためのベストな機材選び」

近藤さん所有のマイクやマイクプリアンプなどと、フルハウスで使用している物を、色々と比較して、プレイベートスタジオの今後の機器選定の参考になれば、という遊びでした。

マイクの比較

まずはマイクチェック。

ちょっと近い写真を撮ったはずなんですが、見当たらず、、、、

分かりにくいですが、、、

NEUMANN U87Ai と BRAUNER Phanthera

ブラウナー vs ノイマン

近藤さん所有のブラウナー (BRAUNER)Phanteraと、

フルハウス所有の定番マイク、ノイマン(NEUMANN) U87Aiを2つ並べて歌の録音。

サウンドハウスで詳しく見る
プロが使うマイクの値段

画像を踏んで頂ければ分かりますが、録音スタジオで使っているレベルのマイクは1本15万円〜30万円くらいが普通。
1本70万〜100万円超えなんてのも普段から使ってます。
そう言うレベルのマイクを数多く揃えていますので、ぜひスタジオご利用ください。

マイクプリアンプには、フルハウス所有のチューブマイクプリアンプ、MANLEY Dula-monoでテスト。

MANLEY Dual-mono (上) vs BrentAverill NEVE 3405 (下)

このプリアンプ、凄いこだわりの設計なのですが、こだわりすぎて採算が合わなかったらしく、すでにディスコンとなっています。

MANLEY の現行マイクプリアンプ

MANLEYの現行プリアンプはこのFORCEというモデルになっています。
僕はまだ聴いた事がないのですが、同業者の声を聞く限りは、コストダウンに走ったのか微妙な評価のようです。

サウンドハウスで詳しく見る

このマイクとプリアンプで近藤さんのオリジナル楽曲に歌を被せて録音してみました。

印象としては、ノイマン U87Ai の方が、ブラウナーよりも太く中低域がふくよか。
それに対して、ブラウナーはスッキリとしたサウンドでした。

ノイマンは、声を張ったら張ったぶんだけ、大きく聴こえるのに対し、ブラウナーはパンチが感じられない。

歌手からすると「あれ?もっと頑張って声を出さなければいけないの?」と感じてしまう。
思いっきり張り上げてるのに、マイクを通して聴こえてくる音は軽い感じです。

ということで、今回はU87Aiの勝ち。
まあ、こういう勝ち負けは、声や楽器によってもも全然変わってきます。

絶対とは言い切れませんが、やはり差は大きかったです。

プリアンプの比較

マイクは、マイクプリアンプとの組み合わせも大事です。

そこで次は、マイクプリアンプを変更してみました。

Brent Averill / NEVE 3405

上記写真の下にありますネズミ色の機器、Brent AverillのNEVE 3405です。

このマイクプリアンプは、Brent Averillさんという方が、使わなくなった70年代の伝説のレコーディングミキサーであるニーヴ(NEVE)コンソールから、マイクプリアンプだけを抜き出して1Uラックケースに入れたものです。

こちらに変えてみたとたん、

近藤葵さん
近藤葵さん

とても歌いやすいです

との事。

さらい、再生して聴いてみて、

近藤葵さん
近藤葵さん

この感じの音が欲しかったんです!

との事。

やっぱりロック、ポップス系の歌はビンテージNEVE系に限るかなぁと実感。

マイクやプリアンップを作っているエンジニアに聞くと、

テック
テック

この「ビンテージNEVE」の音は、現代では作れない。
無理。
材料が手に入らない物ばかり。

NEVE (ニーヴ) 系リイシュー

近年は、多くの「NEVEモデル」なる物が発売されています。
有名どころだとVINETCH AUDIOのX73iですね。

サウンドハウスで詳しく見る

以前に使った事がありますが、購入の必要性は感じませんでした。
悪くはないですけど、やっぱりビンテージのオリジナルNEVEには負けている。

つまり上記のBrientAverillや後述するISA115HDというNEVEがオリジナルで作ったプリアンプ回路が凄すぎるのです。

このNEVEで、ノイマンとブラウナーの2つのマイクを比較視聴してみましたが、2つのマイク自体の印象の差に特に変化はありませんでした。

近藤葵さん
近藤葵さん

マイクは今の所ノイマンがベストですね

との事でブラウナーのマイクは撤去。

マイクプリアンプのテストへ進みます。

フルハウス所有のノイマンU87Aiを2個並べて、2代のプリアンプづつ、聴き比べ。
ABテストをしていく事にしました。

NEVE(old) vs NEVE (ISA115HD) の対決

次はBrent AverillさんのNEVEと、フルハウス自慢のこいつを比較してみました。

FOCUSRITE社のNEVEさん設計、ISA115HD

フォーカスライト(FOCUSRITE)社が、前述したルパート・ニーヴ(Rupert Neve)さんを招聘して作った、ISA115HDです。

こちらも既に畳んでしまった某大手音楽出版社の老舗スタジオから引き継いだ機器です。
当時の購入価格は100万円越えてたらしいです。

僕がそのスタジオに出入りするようになった1992年頃にはすでに置いてあって、依頼ずっと使ってきたマイクプリアンプです。

どちらも同じ設計者で、ちょと年代が違うだけ。

伝説の名機 ISA 115HD の優勝

早速、歌って頂きました。

僕が聴くと、

岩崎
岩崎

「どちらも良いな〜。
先ほどの奴より一番、声がしっくりくる」

と感じました。

近藤さんは、

近藤葵さん
近藤葵さん

少しだけどISAの方がさらに良いです。
さらに歌いやすく気持ち良くなりました

歌っている人が、心地良く自然に歌える。
これはとても大切な事です。

長い事、大切に使ってきて良かった。
こんな古いプリアンプが、今でもトップクラスのサウンドって凄い。

他にもMillenniaGraceMaagなど最近のハイエンドマイクプリとも比べて見ましたが、ISA115HDの圧勝でした。

ボーカルの場合は、ですけどね。
楽器になるとまた違う結果になると思います。

コンプレッサー対決

好みのマイクとプリアンプが決まったので、次は、コンプレッサーの比較。

フルハウスでは Distressore (ディストレッサー) Avalon (アヴァロン) AD-2044 を使うことが多いです。

EMPIRICAL LABS ( インペリカルラボ ) / Distressor EL8X

EMPIRICAL LABS ( インペリカルラボ ) の Distressor EL8X です。

サウンドハウスで詳しく見る

主にFETタイプのクラシックコンレッサーの代わりに使える便利なコンプレッサーです。

以前は、USAのスタジオから売ってもらった、UREI LA-3AUREI LA-4A などを使っていました。

UREI LA-3A
UREI LA-4A

そしてど定番、UNIVERSAL AUDIO (ユニバーサル オーディオ) の 1176LN も使っていました。

サウンドハウスで詳しく見る

これらは、全部、売っちゃったんですよね。

スタジオが、、、、狭いんです、、、、
本当なら全部、残して起きたかったですが。

置けなければ使えない。
使えなければ、持っていても意味がない。
ということで、ビンテージコンプレッサーは泣く泣く売却。

おかげさまで他社スタジオなどに、購入時と同じかそれ以上の評価で買われていきまして、少しニンマリ。

そこにDistressoreを導入したのですが、とても優れもので、上記にあげた有名なFETコンプのキャラクターをアナログで再現する設定がたくさん入っています。
同じ音にはならないですけどね。
でも全然、使える音になります。

Avalon AD-2044

OPTコンプレッサーと言って、綺麗でスムーズなサウンドのコンプレッサーです。

サウンドハウスで詳しく見る

1176のようなFETタイプと比べると、コンプっぽさは無いです。
その代わり、1176みたいなガツっと来る感じにはなりません
ナチュラルなまま、ほんのり明るく倍音が乗る感じです。

昔、ビクターのマスタリングセンターでマスターコンプとしても使われていて、良い感じだったので導入しました。

ただ、今はすでにディスコンになっています。

サウンドハウスで詳しく見る

比較結果は

結果は予想していたのですが、Distressoreの相性が近藤さんの声に良かったです。

ジャズボーカルなどであれば評価は逆転するかもですが、ポップスやロック系ではFET系コンプのガッツ溢れるサウンドが、ほとんどの場合においてハマリます。

Distressore (ディストレッサー) 良いですよ。

リキッドチャンネルと比較

近藤さんの声に合う、ベストな組み合わせが決まってきたところで、

最後に秘密兵器と比較してみました。

リキッドチャンネル

近藤さん所有のフォーカスライト(FOCUSRITE)社のリキッドチャンネル (THE LIQUID CHANNEL)です。


フォーカスライトが、様々なビンテージ機器を完全シミュレートした、というマイクプリアンプ、コンプレッサー、EQです。

今回、試してきた一連のビンテージ機器も再現されているということで、比較してみました。

一台で、いろいろなビンテージ機器のサウンド・キャラクターを作り出せるという事で、他社スタジオでも見かけることがあります。

使ったことはなかったので、ちょっと楽しみにしつつ、比較テスト。

結果は僕と近藤さんの印象は、ビンテージ系のサウンドではなく、現行のフォーカスライトISAシリーズのISA ONE や ISA 828 に近い。

ISA ONEとISA 828 は共にフルハウスで使っています。

ISA828

サウンドハウスで詳しくみる サウンドハウスで詳しくみる
追記:ISA 828 は2018年で全て売却してしまいました。

最新ISAとビンテージISAは別物

もちろん良いプリアンプで価格を考えたら優秀だと思います。

が、ビンテージ機器のサウンドと比べると、差は歴然。

次元が違う。。。

メンテナンスは大変ですが、僕が現役で仕事し続ける限りは、大事に使っていこうと改めて思った次第でした。

そんな感じで、スタジオ1日、楽しく実験しました。

では、また。

追記:そのプライベートスタジオの記事


名古屋の音楽制作・録音スタジオ|フルハウス
名古屋市瑞穂区新開町5-2中村ビル1F
TEL 052-884-7051
HTTP://WWW.FULLHOUSE-MUSIC.CO.JP


コメント

タイトルとURLをコピーしました