百本マイ |UMI

こんにちは、岩崎将史です。

今日は、レコーディングさせて頂いた「百本マイ」さんのYouTube動画ができましたのでご案内です。以前、バンドでの動画をアップしましたが、今回はソロです。

面白いなと思ったのは「ループマシン」という機会を使っておりまして、ピアノの上にちょこんと乗っている機械がそれです。

ボタンを押すと録音が始まり、もう一度押すと録音されたものが繰り返し再生されるという機会で、録音と生演奏を重ねていくことにより、複数のパートを1人で演奏できているように聴かせることができるという機会です。

って言葉で説明するのは凄くわかりにくいですね。

とっとと動画、ご覧ください(笑)

百本マイ オリジナル “Umi”

真ん中くらいから一度、演奏したピアノが弾いてないのに再生され、ピアノが2つなったり、声が2重、3重になったりしています。百本さん自らが、弾き語りしながらループマシンの操作をしています。

これは簡単なようで難しいと思う。ピアノと歌と、機械の操作と、、、

今回のこの曲が入っているCDがリリースされています。

百本マイ CDアルバム「My Voice」

フルハウスWEBショップでも、取り扱いを始めましたので、もしよろしけれべ「ポチッ」と購入ボタンをお願いします。

>>”百本マイ”のCDアルバム”My Voice”の購入はこちらから<<

そして、もし百本さんのライブに興味を持たれた方は、百本マイOFFICIALサイトをチェックしてみてください。

ピアノ弾き語りレコーディングTips

録音はもちろん僕のスタジオ「フルハウス」にて行いました。

ちょっとだけ今回のレコーディングのポイントを解説。弾き語りの録音をする人には参考になる、かも?!

ご覧いただいた動画が編集無しのレコーディング本番そのままなワケですが、Vocal マイクの距離感がポイント。ちょっと離し目です。

別に珍しいセッティングなわけではありませんが、弾き語りの録音はVocalマイクへのピアノ音の被りを気にして、割とON (近め) で録る人が多いと思います。もちろん欲しいVocalサウンドのキャラクターによってはそうしますが、ほとんどの場合、僕はこれくらいの距離感を取ります。

そして、マイクの指向性はFigure 8にしています。あえて、ピアノのサウンドもガンガン被らせるワケです。位相の関係もあり、その方がサウンドは綺麗です。

ただし、百本さんの用に「録り直し要らない」「編集も要らない」上手な歌手でないと出来ない録音方法ですが。

弾き語りで作品作っている人は是非、試してみてください。

今回の百本さんの動画はあと1~2本、アップする許可を頂いてますので、また出来たらご紹介します!

では〜〜

*************************
名古屋の音楽制作・録音スタジオ|フルハウス
名古屋市瑞穂区新開町5-2中村ビル1F
TEL 052-884-7051
HTTP://WWW.FULLHOUSE-MUSIC.CO.JP
*************************