まほろば遊さん|広い河の岸辺|録音動画

サウンドエンジニア系の仕事

こんにちは、岩崎将史です。

今年、まほろば遊さんの5枚目のCDをフルハウスのスタジオでレコーディングして頂きました。

CDは今年の2月にプレス製造も終えて、3月の遊さんのコンサートで発売開始しています。

僕の方から「動画作りましょうよ」と声を掛けさせていただいいて、やっと編集が終わって1曲できました。

何曲かスタジオでレコーディングを撮影しているので、出来次第、順番にアップしていきたいと思います。

1曲目の動画がこちらです。

スポンサーリンク

まほろば遊|広い河の岸辺

まほろば遊|広い河の岸辺

今回のCDは全曲、阿部篤志さんのピアノと遊さんのみのデュオ。

音楽的な部分は完全にお二人にお任せの作品ですので、少し録音について書きます。

フルハウスでのレコーディング

フルハウスでは、ピアノの部屋とは別の部屋(ブース)がありますので、ポップス系の時はこんな感じで、それぞれの部屋に別れて同時に演奏します。

ピアノのマイクにはピアノの音だけ。
ボーカルのマイクにはボーカルの音だけを綺麗に録音できるので、あとで音量などのバランスをお好みで調整できます。

クラシック系、声楽の時は同じ部屋で録ることの方が多いです。

理由は声楽の方のほとんどは、ヘッドフォンを使っての音出しになれていないのと、音楽の成立のスタイルとして、お互いに生の音を聴き合いサウンドを作り、コンサート本番も生の音だけで演奏するジャンルだからです。

ボーカルにマイクを使うジャンルはクラシックではない、と言うことですね。

もちろん、クラシック曲をやる際にもシチュエーションによってはマイクを使う場合もなくはないです。

クラシック音楽が成立した1900年以前にはなかったような規模の大きさのホールとか、シチュエーションが当日のクラシック音楽成立時とは大きく異なる場合

クラシックの考え方は、今度、声楽家の学生の動画を撮らせていただく事になっているので、それが完成させた時に、も少し詳しく書こうかなと思います。

遊さん&阿部さん、デュオでのレコーディング

録音的にはデュオスタイルの場合、あんありやる事はなくて、適切なポジションにマイクを建てたら、歌とピアノの音量バランスを決める。
そして、リバーブという部屋の残響成分を少し加える。

スタジオの場合、どのような音でも作れるように、どちらかというとリバーブは少なめの設計にしてあります。
あとで響きを足す事はできるけど、引くことはできないのです。

最近は引く機能を持ったプラグインソフトもありますが、サウンド的には音楽的ではない。

EQとか音を変える系の処理は特にしない。
必要と感じたら、その前にマイクやプリの組み合わせを変える。

ざっと、こんな感じで、あとは録音ボタンを押して演奏者にお任せするのみです。

今日は、この辺で。

また、次の動画も準備中なので、ミックスとかマスタリングについても触れてみようかと思います。

CD販売サイト

あ!毎度の事ながら、CDはこちらで購入できます。

フルハウスを利用してくれたアーティストには希望すれば初期費用無料で提供しています。

自主制作や小規模プロダクションだと、ホームページでの販売を自分たちで人力で手作業ってのはそれなりに大変だと思います。

注文、決済、発送まで自動化してますので、希望されるかたは言ってくださいね。

それではまた。

名古屋の音楽制作・録音スタジオ|フルハウス
名古屋市瑞穂区新開町5-2中村ビル1F
TEL 052-884-7051
HTTP://WWW.FULLHOUSE-MUSIC.CO.JP

コメント

タイトルとURLをコピーしました