マイクプリアンプ新規追加 Millennia HV-3D

こんにちは、岩崎将史です。

 

今日は、機材ネタです。

 

millennia HV-3D マイクプリアンプ

本日はスタジオに新しいマイクプリアンプが届きました。

millennia HV-3Dという8チャンネルのマイクプリアンプです。

 

これが箱です。

1月末にUSAより出荷されました。

といっても正規代理店通してますが。

 

フルハウスでは既に1台ありまして、正確に言うと「買い増し」というやつです。

HV-3Cという2chモデルがありますが、これの8chバージョンです。



 

チャンネル数は4倍ですが、お値段は4倍までいかないので、8チャンネルの方がチャンネル数で割ると少しお得です。

でも高い、、、、^^;

 

マイクプリアンプって?

マイクプリアンプって何?って方も多いかと思います。

録音のサウンドクォリティーを決める、最も需要な部分の一つ。

 

良いたとえかわかりませんが、写真に例えると、

「マイク+マイクプライアンプ」の部分が、「カメラのレンズ」と言えると思います。

マイクが空気の振動(=音)を微弱な電気信号に変えて、マイクプリアンプがその電気を録音で状態まで大きくしてくれるという関係です。

 

ここにどれだけ良いものを使えるかで、レコード作品の根本的なサウンドクォリティが決まってしまう部分です。

 

上の黒いのがすでにあるHV-3Dです。

ちなみにこのマイクプリ。秘密があります。

このブログを見た方が仮に同じものを購入されたとしても実は同じ音にはなりません。

最高のサウンドになるように代理店に無理を言ってとある仕様で、、、をっと、そこは秘密です(笑)

 

で、2台目はこの下に入れよう、ということに。

 

箱開けます。

 

出します。

 

で、ラックにマウント。

2台16チャンネル分、並びました〜 ^^

 

クリアで低ノイズな現代的マイクプリアンプ

ビンテージのプリアンプから最新の現代的なプリアンプまで、色々揃えてますが、

このプリアンプは「現代的サウンド」系と言って良いかと思います。

 

「最もノイズが少なく音がクリーンで、どんな楽器にも合う」ということで、

フルハウスでは近年、最も稼働率が高いのです。

 

クラシック系の録音では世界的に定番となっていますが、ジャズでもロックでも何にでも合うんですよね。

もちろんマイクとの相性はありますが。

 

もう1台を買い増ししたことによって、16チャンネル分を使えるようにしましたので、ほとんどの楽器編成のレコーディングをカバーできるようになります。

他のプリアンプも揃ってますので48ch以上の同時録音にも余裕で対応できます。

 

ご依頼、待っておりま〜す ^^