アルバム制作の流れ【CD制作・音楽配信】3つの工程

アルバム制作の流れ【CD制作・音楽配信】3つの工程 音楽活動・制作に役立つ
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、岩崎将史まさふみです。

音楽アーティストが「アルバム制作をしたい!」と思っても、初めは何をどうしてよいのか分からない事ばかりだと思います。

相談を受けた際に、いつも最初に説明している事柄をまとめてみました。

スポンサーリンク

「録音原盤」と「アートワーク」と「製造」の3つの工程がある

アルバム制作では3つの大きな工程があります。
凄い簡単にいうと、

の3工程です。

3つの工程の流れ

こんな図の流れですすみます。

音録音原盤といいます。
そして録音原盤を作ることを録音原盤制作といいます。

絵アートワークといいます。
CDでいう印刷物、いわゆるジャケットを印刷する前のデザインデータのことです。
印刷自体は次の物になります。

物CDそのものです。
音楽配信をする場合は物ではなくデータになります。
CDの場合はプレス製造といいます。
盤を量産して、印刷物を大量に作って組み込んで包装します。
音楽配信の場合は、特にこの工程はありません。

3つの工程の期間

3つの工程の期間はこんな感じです。

音:録音原盤制作の制作期間

期間は内容によります。
1曲だけであれば、1日で完成できる場合もありますし、じっくりと時間をかけて1~2年かけて制作するアルバムもあります。
一般的には1週間〜数ヶ月以内で仕上げることが多いです。

絵:アートワークの制作期間

期間は内容によります。
一般的には2週間〜数ヶ月ということが多いです。

物:CDプレス製造の期間

国内工場か海外工場かよります。
国内工場で2週間程度で、海外工場で3週間程度が目安です。

マイクロコ録音原盤とアートワークの両方を工場に搬入してからの期間です

次に3つの工程の詳細を説明します。

録音原盤制作とは

録音原盤制作は主に4つの工程があります。

  1. 録音(レコーディング)
  2. 編集(エディット)
  3. ミックス
  4. マスタリング

この4つの工程を経て、完成した録音作品を最初に記録した音源マスター音源(=録音原盤)といいます。
昔は巨大なテープでしたが、現在はDDPという形式のPCファイルになっています。

楽曲制作から始める場合は録音の前に作詞作曲などの著作物制作や編曲作業などが必要です。

録音(レコーディング)

クラシック 声楽 レコーディング

演奏をレコーディングします。
スタジオで録音したり、コンサートホールで録音したり、ライブのレコーディングだったり色々なスタイルがあります。

詳しくは、「レコーディング4つの場所と方法【スタジオ・ホール・ライブ・自宅】」で書いています。

編集(エディット)

レコーディングされた各テイクの良い部分を組み合わせて繋いだり、必要ない部分をカットしたりします。
繋いで「これで良いね」となったテイクをOKテイクといいます。

レコーディングの時にOKテイクが決まっている場合は、編集作業は要らないです。
編集の必要ない演奏力を身に付けることが制作費を下げることに一番貢献します。

どうしても良いテイクがなくOKテイクが作れない場合は部分は再度レコーディングしたりもします。

ミックス

D-command

マイクや楽器ごとに個別に録音されている各トラックの位置や音量、音質などを調整して聴きやすくします。
1曲づつ仕上げていきます。

ミックスは調整です。音作りのメインはレコーディングです。

マスタリング

マスタリングEQとコンプレッサー
フルハウスのマスタリング用 Manley Massive Passive EQ & SLAM Mastering Version

ミックス完了した各曲を、アルバムに収録したい曲順にならべます。

  • 曲と曲の間を何秒くらい開けるのかを決まる
  • 曲ごとにバラバラな音量や音質に統一感を持たせる
  • ミックスで気づかなかったノイズなどを除去する

などの作業をします。

その後、

  • CDの場合は、プレス用DDPマスターファイル
  • 音楽配信の場合は、音楽配信用マスターファイル

を作成します。

DDPはCDプレス工場へ、配信用マスターファイルは配信ストアへ搬入されます。

アートワークデザイン制作とは

アートワークは主に2つ。

  1. 写真やイラスト、原稿などの素材作成
  2. 素材をまとめるレイアウトデザイン

素材作成

写真

カメラマンスタジオなどを手配してスチール撮影を行います。
野外ロケの場合もありますし、風景写真の場合もあります。

既に演奏活動をされているアーティストであれば、チラシやフライヤー、ホームページ用などにアーティスト写真を撮っていると思います。その写真データを使う場合も多いです。

アーティスト本人をアートワークに使わない場合は、業務用の写真ライブラリーから購入するという方法もあります。安価に高品質な写真データを入手できます。

イラスト

オリジナルの絵などが必要な場合には、イラストレーターに発注します。

原稿

タイトルアーティスト名曲名
歌詞を載せたい場合は歌詞
文章を載せたい場合はその文章を作成します。

レイアウトデザイン

各素材を組み合わせてレイアウトデザインを施し、印刷工場へ搬入する入稿データを作成します。

Adobe社のイラストレーターというアプリケーションでデザインと入稿データを作成します。

チラシ、フライヤーなどの紙の入稿データを作成できる人であれば問題なく作成できます。普段から付き合いのあるグラフィックデザイナーがいればその方にお願いするのが、好みも分かっていただけていますし早いです。

岩崎
岩崎

必要なことはこちらで説明するので心配無用も〜

録音原盤とアートワークはどちらを先に?
どちらもで同時でも構いません。
一般的には楽曲アレンジが整ってきた段階でに、グラフィックデザイナーにオーダーをだし、レコーディングなどと平行して進めていくことが多いです。

CDプレス製造とは

プレス用DDPマスターを元にCDプレス工場でCDを大量に製造します。
同時に印刷工場でCDジャケットなどの印刷物大量に印刷して製本します。

その後に組立工場で、ケースに組込んだあと包装をします。
これでCDは完成です。

完成したCDは運送会社に渡され納品されます。

音楽配信とは

アグリゲーターと呼ばれる配信ストア事業者を通して、各音楽配信ストアに登録されます。
今はレーベルなどを通さなくても個人で直接アグリゲーターに依頼することができます。

僕の会社フルハウスでも対応していますので、面倒な人は希望いただければ配信手続きします。
ただし手数量がかかってしまいますが。

フルハウスで登録可能な音楽配信ストア
フルハウスで録音やマスタリングなどした作品に限るも〜

まとめ:CDが売れない時代のCD作り

音楽を聴くプラットフォームがラジカセやカーステレオなどから、スマホの時代になりました。
既にCDプレイヤーを持っていない学生世代も珍しくなくなってきています。

そんな中でも、まだまだライブでの物販などでのCDの需要も根強く、常にプレスのオーダーもあります。
ご自身のCD制作や音楽配信に少しでも役に立てば嬉しいと、全体の流れをまとめてみました。

それでは、この辺で。
では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました