バイオリン&ギターのクラシックレコーディング@NTNホール

こんにちは、岩崎将史です。

 

今週の前半は、三重県に来ています。

 

桑名のコンサートホールにて、

山口美夕鶴さんとAlexander Galaganovさんとの

バイオリンとギターでのデュオの録音です。

 

今、楽屋にてこのブログを書いています。

 

クラシックですので、録音でもミックスでも一切の音の加工、エフェクトなどは使いません。

マイキングでレコーディング時の音でサウンドを決め込みます。

 

今回はこんな感じにしてみました。

 

まあ、何も変哲もないセオリーどうりのマイクアレンジです。

が、それが一番。

 

今回のポイントをあえて言うとしたら、以前にお手伝いさせていただいたBBCオーケストライギリスの国営放送BBCのオーケストラ)のレコーディングの時に使っていたウィングマイク。

 

あとはいくつか、見えない部分でちょこちょこっと工夫はありますが。

 

録音の解像度は、いつもどうり192Khz・32Bit PCM。

CDが44Khz・24Bitですので、数倍きめ細かくサウンドを記録できます。

最近は384Khz PCMに対応したADコンバーターも登場し初めているので、気になるところではありますが、ProTools HDXはまだ、192Khzまでしか対応しています。

僕が主にマスタリングで使っているセコイアは384Khzも対応済みですので、良いADコンバーターがあれば、384Khz録音も試したみたいところです。

そなたか「38Khzで録音したいです!」ってオーダー頂ければ、購入します(笑)

 

ただし、192KhzでもすぐにHDDパンパンになりますので、384Khzだとファイル容量倍になりますからHDDは倍の容量を持ち歩かないとです。まあ、昔のテープに比べれば楽勝ですが。

 

 

そんなわけで、昼休憩の間のブログ書き終了。

またCD完成の際には、ご案内したいと思います。

 

では、録音に戻ります。

 

*************************
名古屋の音楽制作・録音スタジオ|フルハウス
名古屋市瑞穂区新開町5-2中村ビル1F
TEL 052-884-7051
HTTP://WWW.FULLHOUSE-MUSIC.CO.JP
*************************