佐藤実絵子さん10周年ライブでした

こんにちは、岩崎将史です。

先週末の「佐藤実絵子」10周年 & LifeのCD発売ライブ、無事に終了しました。遅くなりましたが、ブログです。

満席「Soul Out」ありがとうございました

会場は満席、後ろの立ち見もぎっしりのオーディエンス。

せっかく足を運んでくれたのに、会場に入れなかったお客さんも多かったと運営スタッフからはお聞きしました。

で翌日メールを開いたら友人からも

「当日で入ろうと思って言ったのに、入れなかった〜」

との叫びのメールが。さすが佐藤さん。凄い。

残念ですが、また次(がある事を願って)お願いします!

というわけで、本番前にバンドメンバーでバチリ。

左から、ベース&ギター望月雄史、キーボード岩崎将史、Eギター林剛史、ドラム山下佳孝、SAX山崎貴大〜🎵

このライブハウスは、元々クラブだったところで楽屋は元VIPルーム。ご覧のようにめっちゃバブリーな内装。

本番の様子は

本番の様子は佐藤さんのツィッターに写真アップされてます。

SKE48卒業生の2名「古川愛季」さん

と、「大矢真那」さんも10周年記念のゲストで登場

このメンバーで生演奏でライブ
超絶に楽しかったです。

そして佐藤さんがめっちゃ詳しくブログに書いてくれてます。

画像クリックでブログへ飛ぶよ

写真もいっぱいアップしてくれているので、ぜひご覧ください。
佐藤さんのウェディング衣装、必見です😁

続編も楽しみにしています。

事件発生

本編は佐藤さんのブログにお任せ致しまして、ちょっと裏で起こっていた事件をご紹介。

今回の佐藤さんのアルバム「Life」はバックグラウンドヴォーカル(BV:俗にいうコーラスハーモニー)のアレンジがとても重要でした。ライブでもそれらを再現する必要があり、レコーディング時のBVトラックをバンド生演奏と合わせて再生することにしました。
ドラム、ベース、ピアノはそのBVトラックをしっかりと本番中に聴いて演奏を合わせなければいけないので、手元でBVの再生音量を奏者が自由に調節できるように「ミキサー」と呼ばれる機器を使うことにしていました。

ポップス系の仕事では割と使うので、奏者は各自所有していて、自分の物を使うのが一番慣れていて良いだろうということで、ミキサーは各自の「持ってきてね〜」と言うことにしてました。

そしたら、、、、

ドラムの山下さん、
「大変、申し訳ない、、、玄関先に、、、、忘、、、、」
素敵すぎます❤️😂

慌てましたよ〜。ライブ出来んじゃん〜と。

そしたら、たまたま同じミキサーを持っている某イベンター&マネージャーのおっさん、あいや、某方を思い出しまして、、、
「1時間以内に持ってきて〜」
と。助かった〜。😌

某方、ちゃっかり仕込み中の写真をアップしてくれてました

ギャグの意味は良くわかりませんが、本当助かりました。ありがとうございました。今度、焼肉おごります。また、いちねん屋かな?

佐藤実絵子さん10周年

佐藤さんとの縁は、SKE48の立ち上げ時(1期生〜2期生くらい)。レコーディングは弊社フルハウスで担当させて頂いてまして、その時からですから、もう10年なんですか😵
wikiみると確かに立ち上げが2008年なので、10年ですね。。。早いっす、、💦

佐藤さんは、とにかく先ず歌がウマイ。演奏しながら直ぐに彼女の世界に入り込んでしまいます。そして曲もとても良い。全曲、彼女のオリジナル。また、どんどん新曲を作っていって欲しい。これからも飛躍していくこと間違いなし‼️

と、ブログを書いてきたら今日、気になるニュースが

SKE48がAKSからKeyHolderへと😲

まあ、それは別の話なので、今日はこの辺で。

*************************
名古屋の音楽制作・録音スタジオ|フルハウス
名古屋市瑞穂区新開町5-2中村ビル1F
TEL 052-884-7051
HTTP://WWW.FULLHOUSE-MUSIC.CO.JP
*************************