清華堂 ラジオ CM

サウンド・プロデュースの仕事

こんにちは、岩崎将史です

妻友人からの仕事依頼。

愛知県犬山市で和服着物のレンタル業を営んでいるそうで、地元コミュニティ・ラジオの情報番組のスポンサードをしているとの事。

犬山といえば、犬山城。現存する日本最古の天守の城。

妻友人、曰く「そこのCM枠での放送用音声を作りたいです〜」と。

そのコミュニティーFMでの定番の作り方は、「 著作権フリーのBGMに局アナウンサーの声を被せて録音する」というのが、ほとんどらしいです。

今回は和服着物関連ということで「CMの長さ5秒にぴったり合う、和な感じの曲が良いのがなくて〜」との事でした

普通のラジオCMは、20秒単位なんですが、5秒とは面白い。コミュニティのラジオCMは作った事ないのですが、そういう長さもあるんですね。

ラジオCMの場合、大雑把な作業フローとしては、

  • どんなCMにする考える
  • 原稿書く
  • 音楽(曲)を作る
  • ナレーター手配する
  • 録音・ミックスしてマスターファイルを作成

というざっくり工程があると思いますが、今回は原稿は既にクライアントが準備されていました。ナレーションも本人がやると言う事で。ですので、曲作って録音してマスターファイル作成して局へ納品、までが僕の仕事かな、と。

スポンサーリンク

全部で3パターンの曲を作成

頂いた原稿は1つだったんです。5秒にしては、少し文字数が多いかな。聞いた人に上手く伝わらないかも、と感じました。

そして、よく話を聞くを、番組の中で何回か流れるそうで、「だったら3パターンぐらい作ったらどうですか?」と提案。そうすると、言葉も分散できるし。

曲を同じにして、ナレーションだけ変えても良いのですが、どうせだったら尺も短いし「3曲作っちゃおうかな〜」と言う事で、気合い入れて3つ作っちゃいました。

1本目がコレ

清華堂 CM「きものが似合う街へ」編

着物という事で、優雅に琴をメインに。といってもコミュニティFMのCMに生演奏の予算は流石に申し訳ないので、今回は全てLOGIC Pro Xでの打ち込み作業で作りました。

ナレーションはクライアント自ら♫

そして2本目、

清華堂 CM「きものそして犬山へ」編

ちなみに、ラジオ用CMなので動画はなかったんです。せっかく曲作ったからブログ書きたい。けど、クライアントが近いところで話がしやすい所でないと、公表できないんですよね。

ブログに書いている作品たちは、稀なケースでほとんどの場合「公表不可」ですので。

今回は妻友人がクライアントということで、相談して写真やロゴ素材を提供してもらってYouTubeにしちゃいました。動画はAdobeのプレミアにて。

ちょうど昨日今日と、業界仲間で、そのアドビのソフトが話題です。

Adobe CC 値上げ〜

ですって、、、。これは参った、、、。

今、音楽や映像のツールがどんどん月額制になっていってるんです。スタジオのProToolsやプラグインソフトなども。

PC1台で、ProToolsでしょ、Plug-inソフトいくつかでしょ、Adobeも結局全部いるでしょ、あとDropBoxとかストレーイ系のサービスとか色々入れると、毎月諭吉さん数枚が、お空へ飛んで行きます。まさにクラウドサービス、、、、(涙)

ま、話を戻して最後3本目、

清華堂 CM「あなたも大和撫子に」編

こんな感じです。

コミュニティFMのCM音楽は初めてでしたが、こういう短いものも楽しいですね。もし、作りたい方いらっしゃったら、遠慮なくお問い合わせを〜♫

岩崎将史の株式会社フルハウス

コメント

タイトルとURLをコピーしました