softsurf「Into the Dream」

こんにちは、岩崎将史です。

 

今日は、少し以前の仕事、

今年の夏前に携わったバンド「softsurf(ソフトサーフ)」について書きます。

 

宅録ベースのアマチュア社会人バンド

ソフトサーフは、弊社フルハウスのWEBサイトより問い合わせを頂きました。

 

問い合わせの内容は、

 

CD制作にあたり、自宅録音(通称:宅録)にて進めています。

ミックスはプロに頼みたいのですが、いくつか問い合わせたところ、

「こういうミックスは難しい」

と断られてしまいました。

可能でしょうか?

 

という感じでした。

「断られた」

と言うのが穏やかではないです。

 

 

彼らが、

「こんな感じのサウンドにしたいんです」

と持ってきた数枚の洋楽のCD。

たしかに独創的なミックスのサウンドでした。

 

リバーブと呼ばれる残響をこれでもかと使った

「UK系ロックサウンド」

 

WEBやYouTubeなどで有名な、

ミキシングエンジニアやクリエイターなどに

オファーを出したそうですが、

 

「ちょっと普通のミックスと違う」

 

ということで、数名に断られてしまったそうです。

 

そう言うのは燃えますね。

彼らの好きな洋楽CDのサウンドを、サクッと超えてみせましょう。

ということで、

「是非、やらせてください」

と、お受けさせて頂きました。

 

アマチュア宅録の特徴

アマチュア宅録の場合、

事前のメールなどによる打ち合わせがとても重要になります。

 

プロと違って、スタジオと録音データによる

やりとりの経験が多くはありません。

そのために、打ち合わせ無しで望んでしまうと、

当日のミックス時に、データに不備があったりします。

 

僕らの知識や技術が、プロアマ問わず、

「少しでも多くの音楽家の役に立てば」

というコンセプトで活動しています。

 

その為には、事前の準備が重要。

 

スタジオ持込用データの作成ポイントやコツを、

メールで説明しつつ、

当日の作業ができるだけスムーズに行くようにお伝えさせて頂きました。

 

YouTube

今回、バンドからYouTubeの動画を教えてもらいました。

こちらが、僕がミックス&マスタリングしたアルバム作品

「Into the Dream」

の曲たちをダイジェストで聴くことができます。

宅録なので、どうしても少し音抜けが悪かったり、

丸くなってしまっていり、という傾向はあります。

 

それを感じさせない、むしろ活かした手法をとらせて頂きました。

 

その結果、彼らが参考にしていた洋楽CDの作品を、

それ以上に昇華した作りにすることが出来たと思います。

 

宅録とスタジオ録音の違い

彼らも「スタジオで録った方が音は断然良い」

と言うことは、十分に理解してくれていました。

ただし、

「アマチュアなので、正直、OKテイクが録れるのに膨大な時間がかかる」

とのこと。

 

自宅で納得いくまで録音したテイクを持ち込んで頂いて、

その良さを最大限に活かし、ミックスする。

 

そういう考え方もあり、

そんな作品作りも、とても良い物だと思います。

 

最後にこちらは、フルで聴けるみたいです。

 

*************************
名古屋の音楽制作・スタジオ|フルハウス
名古屋市瑞穂区新開町5-2中村ビル1F
TEL 052-884-7051
HTTP://WWW.FULLHOUSE-MUSIC.CO.JP
*************************